総合防災訓練

9月15日、大津市総合防災訓練が大津市立藤尾小学校にて開催される。所属する公益社団法人滋賀県建築士会大津地区委員会は大津市との間で「災害時における避難施設等のセーフティチェックに関する協定」を締結しており、避難所となる体育館において、被災建築物応急危険度判定の訓練に参加をいたしました。
 

 

 

 
同地区委員会においては、湖西滋賀地区委員会と共に危機・防災対策課と連携を図りながら避難所担当員(市職員)を対象とした研修の運営に参画をしています。
大地震が発生した際、まずもって派遣されるのは避難所担当員の皆さんであり、建築士会に対する派遣依頼はさらなる安全確認が必要と判断された場合に想定されることから、訓練においては判定業務の手順のほか、未来まちづくり部建築課からの連絡体制の確認についてもあわせて行われました。
 
避難所担当員を務められる市職員からは、安全確認をする際に留意すべき事項等について多くの質問がよせられました。
災害対応力の強化が図られるよう、今後も取り組んでまいります。
 
参考:谷ゆうじ活動レポート 190520
 

 
午後からは志賀八幡宮の神輿渡御に参加をする。
地域の一員であることを実感する瞬間でもあり、多くの皆様と交流を深めさせていただきました。
お世話くださった世話役の皆様に心から感謝申し上げます。
 

 

«
»