私の志 私の志

議会機能フル稼働宣言!!

 

 市議会と市長は互いにけん制しながら均衡を保ちつつ、共に市政の発展のために活動しなければなりません。国政における与党・野党という概念を二元代表制によって成り立つ地方自治にあてはめることは、議会に付与された権能を大きく損ねるものと考えます。
 私は、これまでの間、議案の審査にあたっては、政策形成過程に問題がないかを見極め、実施する目的や期待される成果が不明確な事業費を含む予算案については、積極的に修正案を提出してまいりました。また、選挙時においては公約としてタニフェストを掲げ、議会における一般質問や委員会での所管事務調査、また、政策検討会議における議論などを通じて、政策の推進や見直しが効果的に図られるよう取り組んでいます。
 大津市議会は議会改革度調査ランキングにおいて、全国の市議会で1位と評価されていますが、市民の皆様の実感とは相当な開きがあると認識しています。これからも負託にお応えするべく、市政運営に対するチェック機能と政策提言・政策立案に関する機能の充実強化に率先して取り組んでまいります。

 

大津市議会議員 谷 祐治

 

 

応援メッセージ


龍谷大学 政策学部教授 
土山 希美枝

 
 谷ゆうじさんは、すぐれた専門家であり、議会の役割をよく知る議員であり、なにより大津市を愛する市民です。また、私にとっては、議員向け研修や研究会を開催する「政策議会研究所」でご一緒する、頼りになるメンバーで信頼できる友人でもあります。谷さんの議員としての活動を見ていただければ、都市、景観、くらしをめぐる公共課題に高い見識と熱い情熱をもってとりくんでいること、議会と議員が果たすべき仕事に真摯にむかいあっていることがお分かりいただけると思います。「政策」と「自治」の両方に深い理解と広い実践をもつ、大津市民のみなさんの信頼にふさわしい方として、谷ゆうじさんを心からご推薦申し上げます。

 


おうみ政策議員フォーラム
代表 林田 久充

 
 私は、かつて草津市で公務員をしていましたが、当時、谷さんが琵琶湖と東海道の景観整備を広域的に進めたいと相談に来られ、大津市と草津市が連携するまちづくりについて大いに語り合いました。この事例は、早稲田大学マニフェスト研究所主催のマニフェスト大賞を受賞され、大きな評価を得られています。こんな専門性を活かした議員の存在も、大津市の強みだと思います。私も、その後、甲賀市議会議員になりましたが、谷さんの正義感、市民生活の向上のための行政に対する厳しい姿勢に少なからず影響を受けています。
 今、県下の市議会議員有志と党派を超えた「おうみ政策議員フォーラム」を立ち上げ、私が代表、谷さんが副代表としてともに活動しています。大津市のためにも、滋賀県のためにも谷さんの役割は大きいものと期待しています。

 


 

指摘・提言の実績へ