大規模盛土造成地の変動予測調査について( H26. 11)

質 問

 平成22年度以降、本市においては大規模盛土造成地の変動予測調査が実施されており、大規模盛土造成地を抽出する第一次スクリーニングについては、既に完了している。これまでの間、当該調査の実施にあたっては多くの委託費が執行されていることからも、その成果は市民に還元されるべきであり、作成された大規模盛土造成地マップについては、安全、安心なまちづくりに資する資料として、広く公表されるべきと考える。国土交通省が作成した「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドライン」においても必要な手順として定められているが、大津市は今後、どういう方針のもとで大規模盛土造成地マップの周知、普及を図っていく考えなのか。公表に向けスケジュールと合わせて見解を伺う。
 第二次スクリーニングについては、現地調査及び安定計算により滑動崩落のおそれが大きい大規模盛土造成地を抽出することを目的に実施をされることになるが、実施箇所の優先順位をどの様にして決定し、滑動崩落防止対策の必要性を確認していく考えなのか。現在、第二次スクリーニングに向けて実施されている予備調査の進捗状況を踏まえて答弁を求める。


答弁:都市計画部長

 1点目の大規模盛土造成地マップについてであるが、大規模盛土造成地マップの公表については、個人の財産に関わる情報であることから、市民に誤解や混乱を招かぬよう慎重に取り扱う必要があるものと考えている。このことから、大規模盛土造成地に関し必要な事項を調査審議している大規模盛土調査検討委員会の意見や、他都市の状況などを踏まえた上で、できる限り早期公表に向けて検討をしているところである。
 2点目の第2次スクリーニングについてであるが、第2次スクリーニング計画では、効率的かつ効果的なものとなるよう求められることから、本市においては、大規模盛土調査検討委員会の助言をいただきながら、平成24年度から平成26年度にかけて実施した簡易土質調査結果に基づく地盤の安定度のほか、想定被害家屋数や重要な公共施設への影響度など、総合的に評価することで実施箇所の優先順位を定めようとしているところである。今後は、住民の声を直に聞くために、まずモデル地区を選定して、住民と向かい合いながら調査等をすることにより課題を抽出し、その上で市民への情報提供のあり方や今後の取り組みの検討につなげていきたいと考えている。 

再 問

 1点目、大規模盛土造成地マップについてである。今の答弁は、情報の出しようによっては、またその内容によっては市民に不安を与えかねない、そういう懸念を持っているものの、検討委員会の皆様とも協議いただいた中で、前向きに検討される姿勢のもとで現在作業を進めているという認識をしてよいのか、改めて見解を伺う。
 2点目、第2次スクリーニングについて改めて伺う。まずモデル地区を選定するという答弁であった。どのような形でモデル地区を選定する考えなのか、改めて見解を伺う。


答弁:都市計画部長

 1点目の大規模盛土造成地マップの公表の我々の姿勢ということであるが、先ほども申し上げたとおり、原則早期公表という態度には変わりない。しかし、先ほど答弁申し上げた、どのようにどういう内容でどういう手段でというところを住民、特に権利者に混乱を招かぬようというのが一番のことである。さらに、今全国で約870の自治体が取り組んでおり、そのうち約700の自治体が第1次スクリーニングを完了した。ところが、そのうち公表をまだしていないのが約8割の約550の自治体ということで、色々と今聞いているところであるが、公表の仕方、あるいはその先どう進めていくかというところにまだまだ確たるものがどこもないという中でとどまっているという状況である。我々は態度とすれば、議員承知のガイドラインにもそう示しているので、できる限り早くと思っているが、その辺を整理した上で公表に向けて進めていきたいと考えている。
 2つ目のモデル地区の考え方であるが、やはり先ほど申し上げたように、本市においても対策を講じて、今すぐ進める体制かというと、そういうようになっていないので、やはり先ほどの公表も、あるいは今後の方針を住民の意見を直に聞くことによってモデル地区を選定していきたいと思っている。そして、選定の仕方という質問であるが、やはり年代の古いもの、あるいは優先順位が高いところを今選定に向けて検討しているところである。 

再々問

 第2次スクリーニングについての項目で伺う。今の答弁であると、何らモデル地区選定に当たって明確な方針等が定められていないというように受け取ったが、そのように解釈してよろしいか。市民の意見を反映させるということの指摘は私も同じ意見であるが、都市計画部、ひいては大津市としてこういう方針でこの事業を進めていく、こういう方針で第2次スクリーニングに取り組んでいくという何か明確な方針が伝わってこないが、改めて見解を伺う。


答弁:都市計画部長

 先ほども申し上げたように、対策工事というところまでは今方針がない。というのも、国のほうのガイドラインも調査のガイドラインを示しているだけで、対策についてのガイドラインというのが今策定中と聞いているが、そういう状態であるので、直にモデルの地区の皆さんの声を聞いて、その方向も示していきたいと考えている。 

再々再問

 その市民の意見を聞く、モデル地区をどういう方針で選めていくということを再三伺っているので、簡明に答弁を願う。 

答弁:都市計画部長

 今対象地域というのは100を超える数がある。その中でも造成の年代が古い、あるいは優先順位が高い、さらに住居の数が多い、こういうところを中心に選定していきたいというように考えている。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 防災対策について(H19.12)
  • 庁舎のあり方について(H20.2)
  • 災害時要援護者支援について(H20.6)
  • 新型インフルエンザ対策について(H20.9)
  • 庁舎本館棟の耐震化について(H20.12)
  • 家具転倒防止器具の設置率を 向上させる取り組みについて(H23.9)
  • 家具等の転倒防止対策について(H24.2)
  • 市有建築物の耐震化に向けた取り組みについて(H26.2)
  • 家具転倒防止対策の推進に向けた取り組みについて(H26.6)
  • 大規模盛土造成地の変動予測調査について(H26.11)
  • 家具等転倒防止対策の向上に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • 市民センターにおける災害対応力の強化について(H27.6)
  • 隣接国有地を活用した庁舎整備のあり方について(H27.11)
  • 隣接国有地を活用した庁舎整備のあり方について(H28.2)
  • 防災力の強化につながる取り組みについて(H28.2)
  • 大津びわこ湖競輪場跡地の利活用に向けた取り組みについて(H28.9)
  • 土砂災害計画区域の指定が庁舎整備計画に与える影響について(H28.11)
  • 庁舎整備の推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • 危機管理体制の強化について(H29.6)
  • 大津びわこ競輪場跡地の利活用のあり方について(H29.9)
  • 庁舎整備基本計画の策定に向けて必要となる取り組みについて(H29.9)
  • 防災上の課題となっている本庁舎、中消防署の整備に向けた取り組みについて(H30.2)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)