健康寿命の延伸に向けた取り組みについて( H25. 11)

質 問

 平成25年12月1日、滋賀医科大学、龍谷大学、立命館大学、大津市、草津市、滋賀県から組織される知の連携プロジェクト実施委員会の主催で、健康寿命の延ばし方セミナーが開催された。加齢に伴って起こる骨格筋量の減少と筋機能の低下をあらわすサルコペニアの予防については、筋横断面積と総筋繊維数の減少が著しくなる40代からの取り組みが重要であり、当事者意識のなかった自分自身の日常生活を改めて振り返る機会となった。筋肉が少なくなると、骨への刺激が少なくなり、骨密度も低下していくことから、骨粗鬆症の原因となり、寝たきりの生活を招くおそれがある。また、体内の糖分の保管場所はほとんどが筋肉であり、血糖値の調整も行われていることから、糖尿病との関連も指摘されている。運動器の問題により介護のリスクが高まった状態をロコモティブシンドロームと言うが、青年世代からの運動不足がサルコペニア、ロコモティブシンドロームにつながり、健康寿命の延伸を阻害する要因になることを、より効果的な方法をもって周知していく必要がある。
 健康おおつ21第2次計画においては、健康寿命の延伸に向けた具体的な目標が定められ、このうち健康を支え守るための社会整備においては、食生活、運動、禁煙などの生活習慣の改善を促すための仕組みづくりとして、インセンティブプログラムの導入を検討することになっている。インセンティブプログラムについては、平成24年9月定例会及び平成25年2月定例会において、導入に向けて提言を行ってきたが、目標を持って健康寿命の延伸に取り組んでもらうきっかけとなることが重要であり、10年という長期にわたる計画において取り組みを持続可能なものとするためには、民間事業者や関係する団体との連携をより強固なものにする必要がある。
 大津市は今後どういった方針を持ってインセンティブプログラムの導入を図っていく考えなのか。 

答弁:健康保険部長

 健康寿命の延伸に向けた取り組みについては、健康おおつ21第2次計画において、健康寿命の延伸を基本目標に掲げ、計画の推進を図っているところである。市民の健康増進のためには、市民一人ひとりが健康に関する意識を高め、生活習慣の改善に取り組むことが基本であり、またこうした取り組みを社会全体で支援することが重要である。このことから、10月30日に開催した第2回大津市健康おおつ21推進会議において、今後の取り組み事項として、市民の健康づくりに向けた生活習慣の改善を促すためのインセンティブプログラムの導入を図ることなどについて協議した。具体的には、導入に当たっては行政のみならず民間との協働の視点、取り組みが不可欠であることから、平成26年度において、市民の食生活などの分野で生活習慣の改善を応援していただく企業、店舗や団体等をサポーターとして募集する健康おおつ21応援団募集事業を実施する。
 また、平成27年度からは、応募いただいた応援団、サポーターなどの協力も得て、健康づくりの取り組みにポイントを付与し、ためたポイントに応じた特典が受けられる健康づくりポイント活用事業を実施したい。今後は、これらの事業を推進するため、庁内関係各課と横断的に幅広く連携を図るとともに、健康関係団体や民間事業者にも数多く参画いただき、多くの市民が継続して健康づくりに取り組む契機となるような仕組みを構築してまいりたい。 

再 問

 平成26年度、生活習慣の改善を市民の皆さんに図っていくための応援団を募集するという大変前向きな答弁であったと理解するが、単に募集するだけでは集まっていただけない可能性もある。答弁の後段の中で、庁内の連携をしっかり図っていくということであったが、ここが非常に重要な要因だと考える。
大津市においては政策調整会議や部長会議などでしっかり協議し、施策、事業を重層的に行っていくことが総合計画に掲げられている理念の達成にもつながっていく。もう少し具体的に、どういった形で応援団の募集に取り組む考えなのかを改めて伺う。 

答弁:健康保険部長

 現在取り組んでいる健康保険部はもとより、健康おおつ21第2次計画においても、庁内関係各課が広く健康づくりあるいは運動に関わる事業を実施させていただいているというところである。それぞれの関係各課が、事業化に当たって関連する事業者・団体と連携し、声がけ、募集をお願いするということも大変効果的であると思う。単に募集だけにとどまらず、そういう形の輪を広げるということについては十分検討していく必要があり、実施していく。
 なお、先ほど、分野ごとに募集ということも少し述べたが、やはり食生活に関するものであれば栄養成分表示であるとかヘルシーメニューの提供だったり、そういった分野での取り組みをしている事業者、また運動に関連するというところでは体育施設の地域への開放あるいはウォーキングなどの支援、禁煙に関する取り組みもある。そういったことで、市内の関係する事業者、また団体にも、そういった取り組みをされているところが多くあるので、幅広く募集をしていきたい。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 横断歩道ハンドサイン運動の推進に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 比叡平地域を運行するバスの減便が市民生活に及ぼす影響と路線存続に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R4.6)
  • 相次ぐ医師の退職が地方独立行政法人市立大津市民病院の運営に及ぼす影響について(R4.3)
  • 新型コロナウイルス感染症による高齢者の「健康二次被害」を防ぐための取り組みについて(R3.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R3.12)
  • 新型コロナウイルスワクチンの接種・予約体制の拡充及び予約支援体制の充実、強化に向けた取り組みについて(R3.6)
  • 支所が主体となった情報発信のあり方について(R3.6)
  • 事業方針の再検討・早期の明確化が求められるふれあいセンターの今後のあり方について(R3.2)
  • あんしん長寿相談所における組織運営体制の強化について(R2.11)
  • 大津市バリアフリー基本構想のさらなる推進に向けた取り組みについて(R2.9)
  • PCR検査体制の充実に向けた大津市地域外来・検査センターの設置について(R2.6)(R2.6)
  • 公共施設のバリアフリー推進に向けた取り組みについて(R1.11)
  • 議会に提出された大津市コミュニティセンター条例案を撤回する前提であったはずの新たな条例案を議会運営委員会で提出すると市長自ら公言しながら、その日のうちにこれまた撤回した理由と経過について【緊急質問】(R1.9)
  • 共生社会の実現に向けて率先して取り組む課題について(R1.9)
  • 公民館をコミュニティセンター化するまでに取り組むべき課題について(R1.9)
  • 市民病院が公立病院としての使命を果たすために大津市が担うべき役割について(R1.9)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院を設立した大津市が業務の運営に対して担うべき責務のあり方について(R1.6)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院に対する運営費負担金のあり方について(H31.2)
  • バリアフリー、ユニバーサルデザインの推進に向けた取り組みについて(H30.11)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)
  • 市民センター機能のあり方について(H29.11)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • ケアセンターおおつの今後のあり方について(H28.9)
  • 古都大津に相応しいJR大津京駅前広場の実現に向けた取り組みについて(H28.6)
  • だれもが安心して利用できる公共施設の整備に向けた取り組みについて(H28.6)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H28.2)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H27.11)
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の実施に向けた取り組みについて(H27.6)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H27.6)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • 「ふれあいの家」の整備促進に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 健康寿命の延伸に向けた取り組みについて(H25.11)
  • 健康おおつ21の推進に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 介護老人保健施設ケアセンターおおつのあり方について(H24.12)
  • 健康寿命の延伸につながる事業のあり方について(H24.9)
  • 健康寿命の延伸につながる取り組みについて(H23.11)
  • 農薬の適正使用に向けた取り組みについて(H23.9)
  • 市有施設等における農薬等の適正利用と室内環境における化学物質対策について(H23.2)
  • 農薬使用の適正化に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 協働によるベンチの設置について(H22.2)
  • 化学物質過敏症対策の推進について(H21.6)
  • 三者協働によるバス停のベンチ設置について(H21.6)
  • 介護予防事業について(H21.2)
  • 大津市のホームページについて(H20.9)
  • 協働によるベンチの設置について(H20.9)
  • おおつSNSについて(H20.6)
  • 無許可ベンチについて(H20.6)
  • 認知症サポーターの育成について(H20.2)