大津市のホームページについて( H20. 9)

質 問

 過去、外部評価を受けられ、それ以降も一定の改善を図られてきたとは思うが、多くの方から、「大津市のホームページはわかりにくい」との意見をいただく。私自身、トップページにおいて政策と施策の位置づけをもう少し明確にされるべきだと評価しており、わかりにくいと感じている市民の一人です。ホームページ上でデザインや構成等に関して意見を募っておられますが、どのような意見が多く、その結果をどのように反映されているのか。求められる情報開示はさまざまであり、使い勝手のよさが求められると同時に、だれでも使えることに対する配慮が必要だが、今後、どういった形でホームページを更新されていくのか、見解を問う。

答弁:政策調整部長

 現在、本市のホームページについては、基本的に各業務主管課が提供情報を掲載、更新する方法で運用を行っている。そのため、各サイト間の連携が不十分であり、目的の情報が探しにくい状況もあると認識をしている。本市のホームページに対するこうした意見については、担当主管課に改善指導を行い、例えば観光情報サイトから交通機関の案内へのリンクの追加や、高齢者等が利用しやすいようにアクセシビリティーの向上に努めるなど、その改善に努めてきた。

 次に、今後の本市のホームページについては、平成21年4月の中核市移行に向け、トップページのリニューアルを予定している。その中で、議員お述べの本市の政策、施策の位置づけについて、他都市の状況等を勘案しながら表記していきたいと考えている。また、このリニューアルに際しては、利用者が目的の情報に素早く到達できるサイト内検索などの充実を図り、利用者のニーズに対応したサイトをつくるよう念頭に置き、各課に対しても研修を行うなど、より使い勝手がよく、だれにでも使える実用性の高いホームページとなるよう、努めていきたいと考えている。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 認知症サポーターの育成について(H20.2)
  • 無許可ベンチについて(H20.6)
  • 協働によるベンチの設置について(H20.9)
  • 大津市のホームページについて(H20.9)
  • 三者協働によるバス停のベンチ設置について(H21.6)
  • 協働によるベンチの設置について(H22.2)
  • 「ふれあいの家」の整備促進に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H27.6)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H27.11)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H28.2)
  • だれもが安心して利用できる公共施設の整備に向けた取り組みについて(H28.6)
  • 古都大津に相応しいJR大津京駅前広場の実現に向けた取り組みについて(H28.6)
  • ケアセンターおおつの今後のあり方について(H28.9)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • 市民センター機能のあり方について(H29.11)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)
  • バリアフリー、ユニバーサルデザインの推進に向けた取り組みについて(H30.11)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院に対する運営費負担金のあり方について(H31.2)