山中比叡平地域を運行するバス路線の存続と住民ニーズに見合ったダイヤ改正の実現に向けた取り組みについて( R5. 6)

質問

大津市は令和5年度当初予算の編成にあたり、大津比叡平線を対象として、補助金算定の際の基準となる標準単価の地域区分を見直されました。京阪バス株式会社はこの度の見直しを比叡平地域の運行を引き続き行うための必須条件と評価されているようですが、今後も引き続き地域住民と連携を図りながらバス路線の存続と住民ニーズに見合ったダイヤ改正の実現に取り組んでいただきたいと期待するものです。
 
令和5228日、児童生徒の学校生活に影響が出ないよう、また、下校時間帯に路線バスを運行していただけるよう、京阪バス株式会社に対してダイヤ改正に向けた協議を求める要望書が大津市長と教育長の連名にて提出されました。現時点における取り組み状況とこれまでの経過を踏まえた今後の対応について見解を求めます。

 

2点目、京都比叡平線における新たな補助制度の構築に向けた取り組みについて。大津市は国の地域幹線系統補助及び関係自治体の協調補助を新たに確保するため、昨年の11月から国、滋賀県、京都市及び京都府との調整を進めておられます。令和52月通常会議における答弁において、負担割合について協議をされていること、また、京阪バス株式会社から令和6年度における補助を要望されていることを踏まえ、予算要求の時期までには間に合うように対応していく方針が示されましたが、現時点における協議の進捗状況と今後の見通しについて見解を求めます。
 

答弁:教育長

大津比叡平線のダイヤ改正に向けた京阪バス株式会社との協議及び現時点での取り組みと今後の対応についてでありますが、山中比叡平学区公共交通特別委員会、京阪バス株式会社、大津市との三者協議会に教育委員会も参加するとともに、ダイヤ改正による減便により、皇子山中学校の生徒の学校生活に支障が出ないよう、学校の行事等に対応した臨時バスの増便を年間約50本程度手配しております。
 
また、地域の方にも、この増発便を積極的にご利用いただけるよう、時刻表を山中比叡平学区まちづくり協議会へ案内しているところです。教育委員会といたしましては、引き続き、皇子山中学校の生徒の学校生活に支障が出ないよう配慮するとともに、関係部局と連携しながら、地域に寄り添ったダイヤとなるよう、京阪バス株式会社と協議をしてまいります。

答弁:建設部長

2点目の京都比叡平線における新たな補助制度の構築に向けた取り組みについてでありますが、昨年度より滋賀運輸支局、滋賀県と継続的に協議を重ねるとともに、京都運輸支局や京都府及び京都市とも連携し、現在も調整を進めているところです。引き続き、国及び関係自治体との協調による運航支援の実現に向け協議を重ねてまいります。
 

再質問

2点目、京都比叡平線における新たな補助制度の構築に向けた取り組みについてです。初問で今後の見通しについて見解を求めています。お答えいただける範囲で結構ですので、改めて答弁求めます。

答弁:建設部長

今後の展開についてということでございますが、関係者との協議において今後の手続き、そして補助金の負担方法等について協議をしているところでございます。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 山中比叡平地域を運行するバス路線の存続と住民ニーズに見合ったダイヤ改正の実現に向けた取り組みについて(R5.6)
  • 次期バリアフリー基本構想における重点整備地区の拡充について(R5.6)
  • 小規模事業者に対するICT・デジタル技術を活用した業務改善・効率化への支援充実について(R5.6)
  • 老人福祉センターの機能充実に向けた取り組みについて(R5.6)
  • 山中比叡平地域を運行するバス路線の存続と住民ニーズに見合ったダイヤ改正の実現に向けた取り組みについて(R5.3)
  • 横断歩道ハンドサイン運動の推進に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 比叡平地域を運行するバスの減便が市民生活に及ぼす影響と路線存続に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R4.6)
  • 相次ぐ医師の退職が地方独立行政法人市立大津市民病院の運営に及ぼす影響について(R4.3)
  • 新型コロナウイルス感染症による高齢者の「健康二次被害」を防ぐための取り組みについて(R3.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R3.12)
  • 新型コロナウイルスワクチンの接種・予約体制の拡充及び予約支援体制の充実、強化に向けた取り組みについて(R3.6)
  • 支所が主体となった情報発信のあり方について(R3.6)
  • 事業方針の再検討・早期の明確化が求められるふれあいセンターの今後のあり方について(R3.2)
  • あんしん長寿相談所における組織運営体制の強化について(R2.11)
  • 大津市バリアフリー基本構想のさらなる推進に向けた取り組みについて(R2.9)
  • PCR検査体制の充実に向けた大津市地域外来・検査センターの設置について(R2.6)(R2.6)
  • 公共施設のバリアフリー推進に向けた取り組みについて(R1.11)
  • 共生社会の実現に向けて率先して取り組む課題について(R1.9)
  • 公民館をコミュニティセンター化するまでに取り組むべき課題について(R1.9)
  • 市民病院が公立病院としての使命を果たすために大津市が担うべき役割について(R1.9)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院を設立した大津市が業務の運営に対して担うべき責務のあり方について(R1.6)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院に対する運営費負担金のあり方について(H31.2)
  • バリアフリー、ユニバーサルデザインの推進に向けた取り組みについて(H30.11)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)
  • 市民センター機能のあり方について(H29.11)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • ケアセンターおおつの今後のあり方について(H28.9)
  • 古都大津に相応しいJR大津京駅前広場の実現に向けた取り組みについて(H28.6)
  • だれもが安心して利用できる公共施設の整備に向けた取り組みについて(H28.6)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H28.2)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H27.11)
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の実施に向けた取り組みについて(H27.6)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H27.6)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • 「ふれあいの家」の整備促進に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 健康寿命の延伸に向けた取り組みについて(H25.11)
  • 健康おおつ21の推進に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 介護老人保健施設ケアセンターおおつのあり方について(H24.12)
  • 健康寿命の延伸につながる事業のあり方について(H24.9)
  • 健康寿命の延伸につながる取り組みについて(H23.11)
  • 農薬の適正使用に向けた取り組みについて(H23.9)
  • 市有施設等における農薬等の適正利用と室内環境における化学物質対策について(H23.2)
  • 農薬使用の適正化に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 協働によるベンチの設置について(H22.2)
  • 化学物質過敏症対策の推進について(H21.6)
  • 三者協働によるバス停のベンチ設置について(H21.6)
  • 介護予防事業について(H21.2)
  • 大津市のホームページについて(H20.9)
  • 協働によるベンチの設置について(H20.9)
  • おおつSNSについて(H20.6)
  • 無許可ベンチについて(H20.6)
  • 認知症サポーターの育成について(H20.2)