支所が主体となった情報発信のあり方について( R3. 6)

質問

大津市は平成31年度より「自治会組回覧」のメール配信に取り組まれています。自治会における「回覧版」は、自身にとって必要としない情報であっても、どういった内容かを確認して次の自治会加入世帯に届けなければなりませんが、メールによる配信はこのような手間を解消してくれます。令和3年度当初時点における登録者数は2,667件であり、情報発信のさらなる充実に期待をするものですが、住まいする学区の情報も実際の回覧板のように得ることができれば、よりニーズに見合ったものになると評価するものです。
 
多くの学区において、コミュニティセンターの運営を担うまちづくり協議会、また、自治連合会をはじめとするまちづくり団体が地域の魅力や各種団体主催による事業の予定、実績等を積極的に情報発信されています。しかしながらその反面、各支所が主体となって情報発信できるウェブ環境は構築されておらず、市民センターが作成する発行物等があっても、当該支所のページで閲覧することはできません。市民センターとは「支所・公民館」「支所・コミュニティセンター」からなる施設の名称であり、私は滋賀学区に住まいしていることから滋賀市民センターを度々訪れます。ホームページ上における「滋賀支所」の情報は所在地・開館時間・休館日・最寄り駅・電話番号のみであり、他の支所においても同様の内容です。
 
各支所のウェブページにおいて、地域団体が主体となって発信する情報や当該学区に住まいする市民にとって有益、有用な情報を閲覧することができれば、大津市がメール配信に取り組む「自治会組回覧」の充実にもつながると考えます。また、支所の業務には、「地域の実情の把握及び調査に関すること」が含まれており、その結果については地域住民と共有され、大津市総合計画をはじめとする各種計画の推進や見直しに活かされるべきと考えます。大津市は各支所が主体となった情報発信の現状をどのように評価され、向上させていくつもりなのか。見解を求めます。

 

答弁:市民部長

現在、市ホームページにおける各支所のページは、所在地や開館時間、最寄り駅など、施設に関する基本的な情報の掲載にとどまっているのが実情であります。一方で、支所職員は、日頃より学区自治連合会や各種団体などとの連携により、地域の取組や、課題などを把握していることから、それらの情報を取りまとめることも可能と考えております。

今後、それぞれの地域の身近で特色ある情報を、各支所のページに掲載する仕組みや方法などについて検討してまいりたいと考えております。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 認知症サポーターの育成について(H20.2)
  • 無許可ベンチについて(H20.6)
  • 協働によるベンチの設置について(H20.9)
  • 大津市のホームページについて(H20.9)
  • 三者協働によるバス停のベンチ設置について(H21.6)
  • 協働によるベンチの設置について(H22.2)
  • 「ふれあいの家」の整備促進に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H27.6)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H27.11)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H28.2)
  • だれもが安心して利用できる公共施設の整備に向けた取り組みについて(H28.6)
  • 古都大津に相応しいJR大津京駅前広場の実現に向けた取り組みについて(H28.6)
  • ケアセンターおおつの今後のあり方について(H28.9)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • 市民センター機能のあり方について(H29.11)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)
  • バリアフリー、ユニバーサルデザインの推進に向けた取り組みについて(H30.11)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院に対する運営費負担金のあり方について(H31.2)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院を設立した大津市が業務の運営に対して担うべき責務のあり方について(R1.6)
  • 市民病院が公立病院としての使命を果たすために大津市が担うべき役割について(R1.9)
  • 公民館をコミュニティセンター化するまでに取り組むべき課題について(R1.9)
  • 共生社会の実現に向けて率先して取り組む課題について(R1.9)
  • 議会に提出された大津市コミュニティセンター条例案を撤回する前提であったはずの新たな条例案を議会運営委員会で提出すると市長自ら公言しながら、その日のうちにこれまた撤回した理由と経過について【緊急質問】(R1.9)
  • 公共施設のバリアフリー推進に向けた取り組みについて(R1.11)
  • PCR検査体制の充実に向けた大津市地域外来・検査センターの設置について(R2.6)(R2.6)
  • 大津市バリアフリー基本構想のさらなる推進に向けた取り組みについて(R2.9)
  • あんしん長寿相談所における組織運営体制の強化について(R2.11)
  • 事業方針の再検討・早期の明確化が求められるふれあいセンターの今後のあり方について(R3.2)
  • 支所が主体となった情報発信のあり方について(R3.6)
  • 新型コロナウイルスワクチンの接種・予約体制の拡充及び予約支援体制の充実、強化に向けた取り組みについて(R3.6)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R3.12)
  • 新型コロナウイルス感染症による高齢者の「健康二次被害」を防ぐための取り組みについて(R3.12)
  • 相次ぐ医師の退職が地方独立行政法人市立大津市民病院の運営に及ぼす影響について(R4.3)