横断歩道ハンドサイン運動の推進に向けた取り組みについて( R4. 12)

質問

一般社団法人日本自動車連盟は令和4年8月に信号機のない横断歩道における歩行者優先についての実態調査を全国で実施され、同年10月にその結果を公表されました。歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車の率は滋賀県では33.3%との結果であり、全国平均である39.8%を下回る結果となりました。道路交通法第38条第1項において、ドライバーは、横断歩道を横断中または横断しようとする歩行者があるときは、横断歩道の直前で一時停止して、その通行を妨げてはいけないと定められているにも関わらず、67%の車両が一時停止をしなかったことになります。
 
現在、全国的な取り組みとして「横断歩道ハンドサイン運動」が広がりを見せています。歩行者は横断歩道を横断するときには、横断する意思を明確にするため、手のひらをドライバーにみせる、そのうえで、運転者が横断歩道の手前で一時停止をした際には、お辞儀で感謝を伝えましょうという運動です。大津市においても安全で安心なまちづくりに関する協定書を締結する大津警察署・大津北警察署とより一層、連携・協力を図りながら、「広報おおつ」やホームページ、ライン等からの情報発信等を通じて、「横断歩道ハンドサイン運動」の推進に取り組んでいく必要があると考えます。今後、大津市ならびに大津市教育委員会は大津市交通安全条例の規定を踏まえ、どの様な方針のもと、「横断歩道 ハンドサイン運動」の推進に取り組んでいかれるつもりなのか、答弁を求めます。
 

答弁:市民

横断歩道ハンドサイン運動の推進に向けた取り組みについてでありますが、本市におきましては、ドライバーに対して、信号機のない横断歩道における歩行者優先の意識向上を図るとともに歩行者に対しましてもドライバーに横断する意思を伝え、安全を確認してから横断することを促すため、交通安全運動での街頭啓発や未就学児向け交通安全カンガルー教室を実施しております。
 
また、広報おおつ12月1日号の記事においても、横断歩道利用者ファースト運動の推進として、歩行者が横断する意思を伝えることを周知しております。今後も市民の皆様が信号機のない横断歩道において、ハンドサインによる横断意思を伝え、安全に横断していただけるよう、警察、交通安全協会等と連携した街頭啓発や市ホームページ、広報おおつ等による情報発信を行うとともに、児童生徒に対しましても学校と連携した交通安全指導の中で啓発を行ってまいります。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 横断歩道ハンドサイン運動の推進に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 比叡平地域を運行するバスの減便が市民生活に及ぼす影響と路線存続に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R4.6)
  • 相次ぐ医師の退職が地方独立行政法人市立大津市民病院の運営に及ぼす影響について(R4.3)
  • 新型コロナウイルス感染症による高齢者の「健康二次被害」を防ぐための取り組みについて(R3.12)
  • 共生社会の実現推進に向けた取り組みについて(R3.12)
  • 新型コロナウイルスワクチンの接種・予約体制の拡充及び予約支援体制の充実、強化に向けた取り組みについて(R3.6)
  • 支所が主体となった情報発信のあり方について(R3.6)
  • 事業方針の再検討・早期の明確化が求められるふれあいセンターの今後のあり方について(R3.2)
  • あんしん長寿相談所における組織運営体制の強化について(R2.11)
  • 大津市バリアフリー基本構想のさらなる推進に向けた取り組みについて(R2.9)
  • PCR検査体制の充実に向けた大津市地域外来・検査センターの設置について(R2.6)(R2.6)
  • 公共施設のバリアフリー推進に向けた取り組みについて(R1.11)
  • 議会に提出された大津市コミュニティセンター条例案を撤回する前提であったはずの新たな条例案を議会運営委員会で提出すると市長自ら公言しながら、その日のうちにこれまた撤回した理由と経過について【緊急質問】(R1.9)
  • 共生社会の実現に向けて率先して取り組む課題について(R1.9)
  • 公民館をコミュニティセンター化するまでに取り組むべき課題について(R1.9)
  • 市民病院が公立病院としての使命を果たすために大津市が担うべき役割について(R1.9)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院を設立した大津市が業務の運営に対して担うべき責務のあり方について(R1.6)
  • 地方独立行政法人市立大津市民病院に対する運営費負担金のあり方について(H31.2)
  • バリアフリー、ユニバーサルデザインの推進に向けた取り組みについて(H30.11)
  • まちづくり協議会がコミュニティセンターの運営を担う上での課題について(H30.6)
  • 市民センター機能のあり方について(H29.11)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H29.2)
  • ケアセンターおおつの今後のあり方について(H28.9)
  • 古都大津に相応しいJR大津京駅前広場の実現に向けた取り組みについて(H28.6)
  • だれもが安心して利用できる公共施設の整備に向けた取り組みについて(H28.6)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H28.2)
  • ケアセンターおおつの民営化が市民病院の地方独立行政法人移行に与える影響について(H27.11)
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の実施に向けた取り組みについて(H27.6)
  • バリアフリーのさらなる推進に向けた取り組みについて(H27.6)
  • 市民センター機能等のあり方検討事業について(H27.2)
  • 「ふれあいの家」の整備促進に向けた取り組みについて(H26.11)
  • 健康寿命の延伸に向けた取り組みについて(H25.11)
  • 健康おおつ21の推進に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 介護老人保健施設ケアセンターおおつのあり方について(H24.12)
  • 健康寿命の延伸につながる事業のあり方について(H24.9)
  • 健康寿命の延伸につながる取り組みについて(H23.11)
  • 農薬の適正使用に向けた取り組みについて(H23.9)
  • 市有施設等における農薬等の適正利用と室内環境における化学物質対策について(H23.2)
  • 農薬使用の適正化に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 協働によるベンチの設置について(H22.2)
  • 化学物質過敏症対策の推進について(H21.6)
  • 三者協働によるバス停のベンチ設置について(H21.6)
  • 介護予防事業について(H21.2)
  • 大津市のホームページについて(H20.9)
  • 協働によるベンチの設置について(H20.9)
  • おおつSNSについて(H20.6)
  • 無許可ベンチについて(H20.6)
  • 認知症サポーターの育成について(H20.2)