コンプライアンス条例の制定に向けた取組みについて( H23. 5)

質 問

   前任期の4年間、職員が関係する事件や不祥事が相次いで発生し、その都度、市長からは、綱紀粛正を図り再発防止に取り組んでいく決意が述べられた。公務員倫理研修の実施や入札制度改革等に取組んでこられたが、大津市における公益通報者保護制度は十分に機能しているのか。公益通報者保護法は平成18年4月1日に施行され、大津市においては平成19年1月1日に大津市公益通報処理に関する要綱が施行された。事業者として内部の職員等から受ける通報と権限ある行政機関として外部の労働者から受け付ける通報に区分され、現在その通報窓口は総務部職員課に設置されている。内部通報については、公益通報者の保護を図るとともに、法令違反行為等の発生を防止し、または法令違反行為に対して措置等を講ずることにより、市政に対する信頼を確保することを目的としているが、今日に至るまで通報件数はゼロ件であった。不正がないのか、通報しづらいのか、それとも周知不足なのか、職員を対象にアンケート調査を行うなど実情の把握に努め、必要であれば通報窓口を法律事務所に設置するなど要綱の見直しを行うべきと考えるが、本市の見解は。 

 また、新潟市では、公共工事をめぐる官製談合事件をきっかけにコンプライアンス条例が制定され、公益通報制度や市議会議員らの陳情紹介等について新たにルール化が図られた。コンプライアンスを組織文化として浸透させるため、庁内にコンプライアンス委員会を設置するなど、事件の再発防止に徹底して取組まれ、法律の専門家から成る法令遵守審査会が市長の附属機関として設置されている。大津市においても、公正な職務の執行を確保するため、公益通報制度や不当要求行為への対応について規定する条例の制定に向けた検討を開始し、市政への信頼回復に努めるべきと考えるが、本市の見解は。

答弁:総務部長

   公益通報制度については、これまでからも所属に対して公益通報制度の周知に努めてきたところであるが、現在まで当制度による通報の実績はない。これは、本市の制度上、通報者自らの氏名を名乗ることを要件としていることが主な要因であると考えている。 
 市民病院での不祥事を受けて設置した、大津市入札事務適正化検討委員会においても、公益通報制度の重要性を改めて位置づけているところであり、この2月に一定の方向を出したことを受け、改めて所属長に通知し、公益通報者保護制度の活用の周知を図ったところである。なお、職員課には匿名による通報や文書や電話等で寄せられているのが実態であるが、その内容に応じて適切に内部調査を行うほか、外部からの通報については、所管官庁への報告を行うなどしている。 

 コンプライアンス条例の策定については、職員にはそもそも地方公務員法第32条において法令遵守義務が規定されている。また、本市においては、不当要求行為等への対策、さらには公益通報制度については、要綱を定めて取り組んでいる。今後とも引き続き、公務員倫理の確立をはじめ、公益通報制度の実効性を高める方策や法令遵守に向けた組織体制など、そのあり方について総合的な見地から調査検討をしていく。 

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 国際交流のあり方について(H20.6)
  • 債務負担行為について(H20.9)
  • 市営葬儀に係る各種物品の準備について(H20.12)
  • 最低制限価格の事後公表について(H21.2)
  • 国際交流について(H21.2)
  • 予算編成過程の公開について(H21.6)
  • 外郭団体のあり方について(H21.9)
  • 公有地管理のあり方について(H21.9)
  • 小規模随意契約のあり方について(H21.11)
  • 庁舎移転計画と塩漬けになった浜大津の土地について(H21.11)
  • 市長マニフェストに関連する事業の存廃に係る意思決定のあり方について(H22.8)
  • 大津市特別職報酬審議会への諮問がなされてこなかった理由について(H22.8)
  • 医療事務等関連業務の適正化に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 医療機器における入札事務のあり方について(H22.11)
  • 医療機器購入における契約事務のあり方について(H23.2)
  • コンプライアンス条例の制定に向けた取組みについて(H23.5)
  • 内部統制の体制整備に向けた取り組みについて(H23.9)
  • プロポーザル方式の適切な運用に向けて必要となるルールづくりについて(H23.11)
  • 大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例の制定について(H23.11)
  • 都市計画道路8・7・6号膳所駅南北連絡道路整備工事について(H24.2)
  • 予算編成過程の公開について(H24.6)
  • 契約事務のチェック体制強化に向けた取り組みについて(H24.6)
  • 環境美化センターにおける清掃作業等手当ての支給実態について(H24.6)
  • スクールランチのあり方について(H24.12)
  • 大津市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定について(H24.12)
  • スクールランチ事業と中学校給食の実施に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 公務日程公開のあり方について(H25.6)
  • 大津市立中学校スクールランチ事業公募型プロポーザルについて(H25.6)
  • コンプライアンスの強化に向けた取り組みについて(H25.9)
  • 国際理解教育推進充実事業について(H26.2)
  • 職員の不祥事の防止に向けた取り組みについて(H26.2)
  • 大津市教育振興基本計画の策定に向けた取り組みについて(H26.2)
  • 市長の政治姿勢が副市長、教育長の辞任に及ぼした影響について(H26.6)
  • 参与の選任とカイゼン・プロジェクトの設置について(H26.9)
  • 大津市長の政治判断が教育委員会の組織運営に与えた重大な影響について(H26.11)
  • 民間提案型アウトソーシング事業について(H27.2)
  • 国際理解推進充実事業費について(H27.2)
  • 都市計画道路8.7.6号膳所駅南北連絡道路整備工事の契約金額変更について(H27.8)
  • 市長が原因者となって執行されたパワーハラスメントの調査に要した弁護士費用について(H27.8)
  • 最低制限価格の事前公表見直しについて(H28.9)
  • 本庁舎に設置されている防犯監視カメラの現状と課題について(H28.9)
  • 内部統制の強化に向けた取り組みについて(H29.6)
  • 公的オンブズマン制度導入に向けた取り組みについて(H29.6)
  • 公的オンブズマン制度の導入に向けた取り組みについて(H29.11)
  • 大津市都市公園条例に基づくスポーツ施設の利用料金のあり方について(H30.6)