公的オンブズマン制度の導入に向けた取り組みについて( H29. 11)

質問

 平成29年6月通常会議において、私は市民からの苦情申し立てを迅速に受け付け、必要があると認めるときは、付与された権能をもって公正・中立な立場で調査を行い、市に対して勧告し、意見を述べることを可能とする公的オンブズマン制度の導入を提言いたしました。7月には先進地である川崎市及び藤沢市を視察してまいりましたが、市民の権利利益の保護を図り、もって開かれた市政の一層の推進と市政に対する信頼の確保に資する制度であるとの認識を新たなものとしてまいりました。市民から見た導入の効果は、市の行政機関から独立した第三者的な立場で公平な判断がなされるということが上げられます。従来からある広聴制度や監査制度などに加えて、市民から行政への新たな相談窓口が増え、また制度を利用することにより、その声がより行政に反映されやすくなります。その結果、両市においては行政サービスの見直しや向上が図られ、ひいては市民満足度の向上につながっていると評価されていました。また、行政にとっても窓口対応などをめぐるトラブルの解決が担当課において困難な場合には、公的オンブズマン制度を紹介することにより、市職員の心労軽減を図ることができます。苦情調査がもととなって制度的な欠陥等が判明した場合には、改善その他必要な措置をとることができることからも、改めて制度の導入を提言するものです。

 大津市は、平成29年6月通常会議における私からの提言に対し、市民の皆様の権利利益を守ることは重要であると認識していることから、今後そのための仕組みについて調査研究していく考えを示されました。これまでにおける進捗状況と制度導入に向けた方針について改めて見解を求めます。

答弁:市民部長

 公的オンブズマン制度の導入に向けた取り組みについてでございますが、これまでの進捗状況につきましては、既存の制度である住民監査請求制度や公益目的通報などについて、それぞれその目的や機能、メリット・デメリットを整理しているところであり、今後他市への照会を行ってまいる予定であります。その上で本市において公的オンブズマン制度を導入するかどうかを見極めてまいりたいと考えております。

再質問

 一定調査研究をいただいてきたかのような答弁をなさっていただいたわけですが、市長や副市長、また関係する部などにおいて課題の共有を図った上でそうした調査研究をされているのか。市民部だけでされているのであれば、その理由も聞かせてください。

答弁:市民部長

 現在のところ、市民部内において調査をしております。今後、広聴を担う市民部とそれから行政監査部門を所管しております総務部において協議をした上で、二役とも協議をして最終決めていきたいと考えております。

 

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 国際交流のあり方について(H20.6)
  • 債務負担行為について(H20.9)
  • 市営葬儀に係る各種物品の準備について(H20.12)
  • 最低制限価格の事後公表について(H21.2)
  • 国際交流について(H21.2)
  • 予算編成過程の公開について(H21.6)
  • 外郭団体のあり方について(H21.9)
  • 公有地管理のあり方について(H21.9)
  • 小規模随意契約のあり方について(H21.11)
  • 庁舎移転計画と塩漬けになった浜大津の土地について(H21.11)
  • 市長マニフェストに関連する事業の存廃に係る意思決定のあり方について(H22.8)
  • 大津市特別職報酬審議会への諮問がなされてこなかった理由について(H22.8)
  • 医療事務等関連業務の適正化に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 医療機器における入札事務のあり方について(H22.11)
  • 医療機器購入における契約事務のあり方について(H23.2)
  • コンプライアンス条例の制定に向けた取組みについて(H23.5)
  • 内部統制の体制整備に向けた取り組みについて(H23.9)
  • プロポーザル方式の適切な運用に向けて必要となるルールづくりについて(H23.11)
  • 大津市職員等の公正な職務の執行の確保に関する条例の制定について(H23.11)
  • 都市計画道路8・7・6号膳所駅南北連絡道路整備工事について(H24.2)
  • 予算編成過程の公開について(H24.6)
  • 契約事務のチェック体制強化に向けた取り組みについて(H24.6)
  • 環境美化センターにおける清掃作業等手当ての支給実態について(H24.6)
  • スクールランチのあり方について(H24.12)
  • 大津市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定について(H24.12)
  • スクールランチ事業と中学校給食の実施に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 公務日程公開のあり方について(H25.6)
  • 大津市立中学校スクールランチ事業公募型プロポーザルについて(H25.6)
  • コンプライアンスの強化に向けた取り組みについて(H25.9)
  • 国際理解教育推進充実事業について(H26.2)
  • 職員の不祥事の防止に向けた取り組みについて(H26.2)
  • 大津市教育振興基本計画の策定に向けた取り組みについて(H26.2)
  • 市長の政治姿勢が副市長、教育長の辞任に及ぼした影響について(H26.6)
  • 参与の選任とカイゼン・プロジェクトの設置について(H26.9)
  • 大津市長の政治判断が教育委員会の組織運営に与えた重大な影響について(H26.11)
  • 民間提案型アウトソーシング事業について(H27.2)
  • 国際理解推進充実事業費について(H27.2)
  • 都市計画道路8.7.6号膳所駅南北連絡道路整備工事の契約金額変更について(H27.8)
  • 市長が原因者となって執行されたパワーハラスメントの調査に要した弁護士費用について(H27.8)
  • 最低制限価格の事前公表見直しについて(H28.9)
  • 本庁舎に設置されている防犯監視カメラの現状と課題について(H28.9)
  • 内部統制の強化に向けた取り組みについて(H29.6)
  • 公的オンブズマン制度導入に向けた取り組みについて(H29.6)
  • 公的オンブズマン制度の導入に向けた取り組みについて(H29.11)
  • 大津市都市公園条例に基づくスポーツ施設の利用料金のあり方について(H30.6)