大津絵を活かしたまちづくりについて( H31. 2)

質問

 大津市はパリ日本文化会館における大津絵展開催を契機として、本市観光資源の認知度向上に取り組む方針を示しています。昨年12月にはヨーロッパでは初となる大規模な大津絵展の開催を記念して、シンポジウム「大津絵・民芸・ヨーロッパ」が開催されたところであり、私自身も大津絵の魅力について理解を深めてまいりました。新年度予算においては、歴史博物館における企画展や常設展示における大津絵コーナー増設に要する費用が計上されており、元祖サブカルチャーと評価される大津絵の魅力を広く知っていただくことについては賛同するものですが、インバウンド観光の振興に資する観光資源とするためには、改善すべき課題が多いと認識しています。
 議員インターンに取り組む大学生の皆さんと大津絵がまちづくりに及ぼしている影響について調査をしてまいりましたが、京阪びわ湖浜大津駅から続く「大津絵の道」については、琵琶湖疏水にかかる大津絵橋を経てどこまで続くかの案内が不足をしており、歴史博物館までの動線として十分に活用されていないと実感いたしました。大津市役所前の県道にも大津絵が描かれた数多くの陶板が設置されていますが、「大津絵の道」との一体性は感じられず、大津絵が意味する風刺や教訓に対する説明書きについても、言葉の意味が難解なものが数多く含まれていました。海外からの来訪者に大津絵の魅力を実感いただこうとするならば、大津絵に関する情報を大津市が主体となって、多言語対応で広報する必要があると考えます。また、大津百町界隈においては、大津絵が描かれた商品を購入することができますが、大津絵そのものの魅力はもとより、東海道の宿場町、大津百町における回遊性を高めるキャラクターとして活用するなど、大津絵をまちづくりに活かすさらなる取り組みが必要と考えます。大津市は大津絵を観光資源として活用するための課題をどのように認識し、どういった方針のもとで大津絵をまちづくりに活かしていく考えなのか。

答弁:産業観光部長

 

 大津絵を観光資源として活用するための課題をどのように認識し、活用するのかについてでありますが、訪日外国人旅行者の中でも大津絵を通じて本市に興味を持った方々に、実際に足を運んでいただける工夫が必要と考えております。そして、大津絵が持つ文化性や東海道筋で育まれてきた背景などが、フランスの方の興味をひくことから、フランスでの観光プロモーションの重要な観光コンテンツとして活用できるものとして考えております。特に、本年4月、フランス・パリで開催される大津絵展の会場で行う観光プロモーション事業では、大津絵に対して興味を持ったフランス人に対し、大津絵が育まれた場所である本市が、琵琶湖をはじめとする雄大な自然だけでなく、様々な伝統工芸や食文化に触れることができる場所であることを伝え、実際に訪問したいと思っていただけるようアピールをして参りたいと考えております。
また、大津絵は江戸時代の東海道を往来する旅人の土産物や護符として人気を集めたことから、今後、大津絵を再び土産物として認識していただく取り組みも検討して参ります。

関連する 議会活動の
指摘・提言
  • 中心市街地エリアの活性化に向けた取り組みについて(R4.12)
  • 大津宿場町構想となぎさ公園周辺魅力向上プロジェクトのあり方について(R3.9)
  • 地区計画制度の実効性を高めるための取り組みについて(R3.2)
  • なぎさ公園周辺魅力向上プロジェクトのあり方について(R2.11)
  • 湖都大津にふさわしい地域循環社会の実現に向けた取り組みについて(R1.11)
  • 大津絵を活かしたまちづくりについて(H31.2)
  • 大津市中心部の活性化に向けた取り組みについて(H30.9)
  • 大津市都市計画マスタープランの実現に向けた取り組みについて(H29.2)
  • 将来都市像の実現に向けた庁内組織のあり方について(H28.11)
  • 歴史文化を生かしたまちづくりについて(H28.2)
  • 持続可能なまちづくりの実現を図るための取り組みについて(H28.2)
  • インバウンド観光の推進に向けた取り組みについて(H28.2)
  • 歴史文化資源を生かしたまちづくりについて(H27.6)
  • 土地利用の調整に係る仕組みづくりについて(H27.2)
  • 琵琶湖疏水を活かした周辺地域の活性化について(H26.9)
  • 歴史文化を生かしたまちづくりについて(H26.6)
  • 大津市街並み博物館条例の廃止について(H26.6)
  • 歴史文化を生かしたまちづくりについて(H25.11)
  • 歴史的風致の維持向上に向けた取り組みについて(H25.9)
  • 土地利用基本条例の制定に向けた取り組みについて(H25.6)
  • びわ湖大津館の今後のあり方について(H25.6)
  • 歴史的風致の維持向上に向けた取り組みについて(H25.2)
  • 大津市観光交流基本計画アクションプランの推進について(H25.2)
  • 旧大津公会堂の指定管理者の選定について(H24.12)
  • 大津市開発指導要綱の条例化に伴う大津市土地利用問題協議会のあり方について(H24.2)
  • 中心市街地活性化について(H24.2)
  • 大津祭曳山展示館における指定管理者の指定について(H23.11)
  • 近代化産業遺産を活かしたまちづくりについて(H23.5)
  • 土地利用に関する条例の制定に向けた取り組みについて(H23.2)
  • 土地利用の基本的な事項を定めた条例制定に向けた取り組みについて(H22.11)
  • 大津市国土利用計画と同都市計画マスタープランを推進するための条例制定について(H22.8)
  • 大津市観光交流基本計画アクションプランの実現に向けた取り組みについて(H22.8)
  • 里山郷働撤退について(H22.6)
  • 大津市観光交流基本計画アクションプランについて(H22.2)
  • 堅田駅西口土地区画整理事業における保留地処分について(H21.11)
  • 近代化産業遺産を活用した観光交流の創出について(H21.6)
  • 中心市街地活性化について(H19.12)
  • 地区計画について(H19.9)
  • 土地利用について(H19.9)